(現在 過去ログ1 を表示中)

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■21 / inTopicNo.1)  プレイアロング1
  
□投稿者/ もっちん -(2007/10/19(Fri) 16:23:46)
http://plaza.rakuten.co.jp/rainbowStar/
    DWEの副教材のプレイアロングの1巻目です。
    以下の歌が入ってます。

    Hello!
    Up and Down
    Busy, Buzzing Bee
    The Bellybutton Song
    Baby's in the Bathtub
    Peekaboo!
    We Like to Bounce
    What's Inside?
    Open Your Hands and Close Them
    Bye-bye, Baby!

引用返信 削除キー/
■22 / inTopicNo.2)  Up and Down
□投稿者/ もっちん -(2007/10/19(Fri) 16:48:48)
http://plaza.rakuten.co.jp/rainbowStar/
    2007/10/19(Fri) 17:26:16 編集(投稿者)

    あずが小さいときにひたすら何度も歌った歌です。あずが重くなって持ち上げることができなくなるまでの間、リビングに立っていて目の前にあずが立っているのに気づいたときは何度でもこれを歌いながらあずを上げ下げしてあげました。

    この歌の後半には「And around and around and around!」という歌詞がありますが、私は、最初はこれがうまく言えなくて、いつも前半だけ歌っていました(アバウトな性質なので ^^;)。あるとき、ふと「こんなに何度も歌うんだったら、後半もちゃんと歌えたほうがいいかな」と思い立って、真面目にCDを聞いて真似して練習してみたところ、コツを掴んだらすぐに歌えるようになりました。

    何がコツかっていうのをうまく言えないんですが、CDの歌で切る場所をきちんと確認すると簡単に歌えるようになります。「アン ダァ、ラウン ダァン ダァ、ラウン ダァン ダァ、ラウン〜」って感じです。あと、「ラウ」の時に舌を縮めて舌の先が口の中のどこにもつかないように気をつけます(l じゃなく r の音にするために)。気をつけるのは「ラウ」のときだけで、「ン」に来たときには舌はペタッと口の内側にくっつくので、舌先もどこか(ていうか上の前歯の付け根かな)にくっつきます。

    「around and around」がするっと発音できるようになると、and の埋まった色んな英語がとっても喋りやすくなります。私は会話でよく「again and again」を使うんですが、これもこの歌が歌えるようになってから画期的にらくになりました。

    というわけで、まだお子さんが小さくてこれを歌ってあげられる人は、もったいないのでぜひぜひ後半まで毎回歌ってください〜。

    ※ この発音は、シングアロング1の「Around and Around」でも練習できます。ただし、「Up and Down」の方が大分簡単。


    ではでは、語りかけの話題に入ります。

    《Up と down》

    up と down は副詞で、普通は「Climb up.」のように動詞とくっつけて使われますよね。こういうフレーズを見たとき、日本語の感覚からすると up や down はおまけのように見えますが、実際には、英語では副詞の方が動詞より大きな役割を持っていると思います。この歌の最初のフレーズ「Up, up, up in the air.」に動詞がないことからも、何となく伺えますよね。上に向かうと思ったら何はともあれ up、下に向かうと思ったら down が重要で、動詞は結構どうでもよかったりするんです。

    この歌で毎日子供を上げたり下げたりしつつ「Up and down♪」と歌っていたら、up と down が何となく自分の言葉になってくるような気がします。up と down なんて、当然、中学で習って以来忘れたことなんて一度もない単語なんですが、それでもこの歌で何度も何度も歌うと、日頃の会話ですごく使いやすくなるような気がするんです。

    歌で慣れたら、語りかけでも最初は動詞はなしで、up と down だけ使うといいです。階段を上がっているとき、坂を登っているとき、エスカレーターが上がっていくとき、とりあえず「Up, up, up.」と口にしておきます。下がるときは、「Down, down, down.」です。いったん口にした後、どうしても尻切れトンボだなと感じるときは「we go.」と続けるといいです(つまり、「Up, up up we go!」と言う)。

    それとか、子供が公園でタイヤなんかに飛び乗っては飛び降りて遊んでいるようなときなんかは、動きに合わせて「Up!」、「Down!」、「Up!」、「Down!」と言ってあげるといいです。

    単発で使うのにすっかり慣れて物足りなくなってきたら、「Let's go up.」、「We are going up.」、「Jump up to the wall.」(塀に飛び乗るとき)、「Sit up.」(姿勢がだらけている子をピンと座らせたいとき)、「Head up!」(頭上げて!)等々、上下の動きが発生するなと思った場面で使って、適当に前後を足していけばいいです。

    ちなみに、私は階段を上がるときに「Up, up, up」と言っていると、必ず最後に「to the top of the stairs.」と続けてしまいます。この「the top of the stairs.」は、シングアロング1の「Look! Where? Over there!」より。

    《Up in the air》

    これは英語特有の表現かなと思います。日本語では、「空中に投げあげて」とか「空中に手を挙げて」なんて絶対言いませんよね。でも、英語では本当によく出てくる表現です。

    Throw it up in the air.(ボールとか石を投げるときなど)
    Raise (Put) your hand up in the air.(挙手するとき。万歳のときは hand → hands になります。)
    Jump up in the air.(飛び上がるとき。)


    《down to xx》

    この組み合わせはとても便利です。「down to」や「up to」の後ろに目的地をくっつけるだけでいいので、色んな場面で使えます。たとえば、「The balloon went up to the ceiling.」(ガスの入った風船が手を離したら天井まで飛んで行ってしまったとき)とか。

    行き先の後ろに人を持ってこれるという感覚も便利です。「Go to daddy.」(パパのところへ行きなさい)、「Bring it to daddy.」(パパに持って行って)など。

    《around and around》

    「ぐるぐる」っていう感じのときはいつでも使えます。大人の会話なら「around」だけの方がいいんでしょうけど、子供には重ねるとわかりやすいです。

    Stir around and around.(液体をぐるぐる混ぜる)
    Mix around and around.(ぐるぐる混ぜ合わせる)
    Run around and around.(走り回る)
    Turn around and around.(その場でぐるぐる回る)


    あと、単発での使い方なんですが「ぐるっと回って」という感じのときには around を入れます。たとえば、「Come here.」と言いそうに思えたときでも、ネイティブは、子供と自分の間に障害物(テーブルとか)があると必ず「Come around.」とか「Come around here.」と言っているようです。

引用返信 削除キー/
■34 / inTopicNo.3)  Baby's in the Bathtub
□投稿者/ crocopig -(2007/11/01(Thu) 00:05:36)
    4歳の娘に久しぶりに、お風呂でこの歌を歌ったら、
    「もうBabyじゃないよ!」と。
    それで、替え歌です。Ladyに替えてやったら
    "I am a little lady! Mommy is a big lady!"と大喜びでした。

    Lady's in the bathtub, Splash, splash!
    Lady's in the bathtub, taking a shower.
    Splash!
    さらに、
    Mommy is washing lady's hands.....と続けます。

    BabyとLadyはライムしているので、そのあたりを意識して歌います。
    Baby, Lady, Baby, Ladyと繰り返してライムを意識させ、
    さらに、最初の音がB, Lの違いであることを理解させます。
    B for baby, L for ladyなどとサラッと言えれば完璧ですね。


引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

過去ログには書き込み不可

Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -