(現在 過去ログ1 を表示中)

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■13 / inTopicNo.1)  シングアロング2 ブック4
  
□投稿者/ もっちん -(2007/10/16(Tue) 10:27:09)
http://plaza.rakuten.co.jp/rainbowStar/
    シングアロング2からブック4の範囲内の10曲です。

    Look Up! The Sun Is Shining
    Let's Go on a Picnic
    We're Packing a Picnic Basket
    Away From the City
    Riding Down a Country Road
    Green Is Go
    I Like My Rooster
    Lazy Gus
    Which Way?
    Where Is Your Right Hand?

引用返信 削除キー/
■14 / inTopicNo.2)  Look Up! The Sun Is Shining
□投稿者/ もっちん -(2007/10/16(Tue) 10:53:23)
http://plaza.rakuten.co.jp/rainbowStar/
    2007/10/16(Tue) 10:55:40 編集(投稿者)

    この歌はSA2の一曲目なので、普通にDWEを使っていたら比較的すぐに覚えてしまえると思います。うちは、あずが2歳代の頃だったか、一緒に散歩に出かけたときや保育園への送り迎えのときに晴れていればほぼ必ずこの歌を歌っていた時期があったりします。

    《替え歌》

    慣れてきたら、替え歌にすれば晴れていない日にも歌えるようになります。
    こんな感じ(↓)。

    1行目:そのまま
    2行目:「The sun isn't shining.」
    3行目:「The birds aren't singing.」
    4行目:「The sky is dark.」
    5行目:「There're lots of clouds in the sky.」
    6行目:一応そのまま。


    ただし、6行目の beautiful と a picnic は、替え歌にするのなら当然適当に置き換えた方がしっくりきます。雨が降っていたら beautiful → terrible とか、散歩していたら walking、自転車で送迎していたら riding という感じ。(後ろを ing の形にしたときには、a がなくなるのでちょっぴり歌いにくくなりますが、for を伸ばして何とかしてます。a ride や a walk でもいいんですが、この歌の場合、それも歌いにくいんですよね…)

    《現在進行形の練習》

    歌にすっかり慣れたら、メロディーを抜いていくと色々応用できるようになります。1行目と2行目を歌の歌詞どおりのフレーズで話しかけて、親子共に何となく英語モードに入ってから、その後は3行目と4行目を応用したフレーズを後にずらずら続けます。特に例を挙げるほどのこともないんですが、ちょっと例を挙げてみます。

    A cat is runnning.(ネコが走ってるよ)
    People are talking.(人がおしゃべりしてるね)
    Leaves are falling.(葉っぱが散ってるね)
    Flowers are pink.(お花がピンクだね)


    日本語には単数、複数の概念がないので、慣れないうちは語りかけでの単数か複数かはついついいい加減になりがちなものですが、「この歌を元に語りかけをしているときぐらいは」という気持ちできちんと意識して Be 動詞(is か are)も正しく使うようにしていると、とってもよい練習になります。

    《Look up》

    この歌を何度も何度も歌っていると「Look up.」というフレーズがすごく口に馴染んできます。特に、普段歌うときに空を指差しながら「Look up.」のフレーズを歌っていると、ママにも「Look up.」のイメージが染み付くし、子供の方も反応しやすくなります。そんな風になってきたら、生活の中で子供に上を向いて欲しいなと思ったときにはいつでもこのフレーズを使えます。意外と使える場面が多かったりします。

    たとえば、壁の子供の目線より高い位置に貼ってあるポスターを見て欲しいとき、「Look at the poster.」と言ってもいいんですが、「Look up at the poster.」と言うと子供の注意を引きやすく、子供が反応してくれやすくなります。

    こんな風に本当に見てほしいとき以外にも、お風呂上りに首の下を拭いてあげたいときとか、ブラウスの襟元を直してあげたいときなど、ただ単に上を向いてほしいときにも使えて便利です。

    《It's a xx day for xx》

    この歌でぜひぜひ日々の生活のあちこちで応用してほしいなと思うのは、最後の6行目です。

    たとえば、お子さんの野球の試合の日の朝、ラッキーにもお天気がよくて窓から明るい日が差していたとします。そんなときは、こんな風に話しかけることができます。

    Look! The Sun is shining.
    It's a perfect day for a baseball game!


    day の前は、とっさに思いつかなければ歌どおりの beautiful でいいし、思いつけば good でも great でも何でもいいです。場合によっては、bad や terrible(悲惨)を使わなきゃいけないときもあるかも…。

    for の後ろは、単純な名詞以外に、上の替え歌のところでも書いたように riding や walking などの 〜ing の形も使えます。雨の日には「It's a good day for drawing/folding paper/crafting.(お絵描き/折り紙/工作)」なんて言ってみるとか、その気になれば思いのほか色んな日に使えます。

引用返信 削除キー/
■15 / inTopicNo.3)  Look Up! The Sun Is Shining:シャワーを浴びるとき
□投稿者/ crocopig -(2007/10/16(Tue) 15:17:03)
    うちも、替え歌で歌っています。
    この歌は、お風呂で頭を洗うとき、上を向かせるときにも有効です。

    Look up! The light is shining. (ライトはshiningとは言わないんだろうけど、、、、)
    The birds are not singing.(当たり前か)
    The ceiling is white.   (お家の浴室の天井によりますね)
    There are a lot of clouds in the sky. (夜だからよくわかりませんが)
    It's a beautiful day for a shower. (何がbeautifulか分かりませんが)

    これで、上(天井:ceiling シーリング)を向かせている間に髪の毛をササーッと流します。
    こういうsillyな替え歌が意外と好きなんですよね、子どもって。
引用返信 削除キー/
■57 / inTopicNo.4)  We're Packing a Picnic Basket
□投稿者/ crocopig -(2007/11/10(Sat) 21:53:53)
    スーパーにお買い物に行くときに使えます。
    実際に買い物かごに食品を入れながら使いましょう♪

    We're packing....の部分を
    We're carrying a shopping basket.に替えます。
    What do we put inside?
    はそのまま使えるフレーズですね。

    そのあとに続く
    Apples and oranges,....
    というところは、実際に果物や野菜を手に取りながら、
    Lemons and cabbages,
    tomatoes and carrots,
    と応用ができます。
    That's what we put inside.
    あるいはThat's what we want to buy.としてもOK.
    もそのまま使えますね。
引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

過去ログには書き込み不可

Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -